So-net無料ブログ作成
検索選択

ゆ、許せん!!! [建築]

関東の方で、マンション耐震性に問題がある建物が造られたそうです。
報道を聞いていると、構造設計事務所が、構造計算書を偽造して、確認申請を通していたみたいですね。
私なりの見解ですが、問題点は2つあります。
一つめは、構造設計を行う建築士(構造設計者)の技術者としての良心の欠如。
二つめは、施工を行ったゼネコンの見落とし。
一つめについては、建築の構造設計は、本来、構造設計者の技術・経験・良心によって、多くの計算の仮定条件を整理して、構造上の安全性を造り上げる物です。だからこそ、建築基準法では、最低限の構造設計に関する規定のみを記載しているのです。しかし、かの設計事務所は、その事に対する法の信頼を完全に裏切ったと言っても過言ではないでしょうね。
二つめのゼネコンの見落としについては、賛否両論あると思います。報道からすると、耐震性の30%程度しかなかった建物に関しては、現場監督といえどもその配筋量や断面性能を見る事で、「おかしい!」と判断出来たのではないでしょうか?
いずれにしても、同じ建築士としては、許せない事件です。今後の対応を見ていきたいと思います。


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(2) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 1

PIRO

はじめまして。
現場監督さんですか?
もしあなたがこのような建物の担当を任されて、「おかしい!」と思ったら、どうしてましたか?
そしてその結果どういう成り行きになるのが普通なのでしょう?
教えていただけるとありがたいです。
私は大手不動産会社の分譲マンションに住んでおりますが、他にもこういうことがあるんじゃないかと心配しております。
by PIRO (2005-11-21 22:01) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。